現在はタイムカードを使ってハンド集計されている、或いは自己申告制を利用しているお客様にはクラウド型勤怠管理システムを推奨致します。

勤怠システムが必要な理由

  1. 労働時間の把握義務(2019年4月から)

    働き方改革の一環として労働安全衛生法が改正され、労働時間の把握が企業に義務付けられます。

  2. 有休の5日取得義務&管理簿作成義務(2019年4月から)

    同様に労働基準法の改正により、有休を5日以上取得させること、有休管理簿を作成することが義務付けられます。

  3. 労働時間に関する違反の厳罰化

    労働時間に関する違反が厳罰化されるため、労働時間をタイムリーに把握し、上限オーバーしない対策が必要です。

勤怠システムで解決

以下の機能がある勤怠システムでしたら、これらの環境変化に対応できます。

  • タイムリーな労働時間集計
  • 有給休暇の管理
  • 残業時間の申請承認
  • ICカードやモバイル端末による打刻
  • アラート機能

クラウド型勤怠システムのススメ

クラウド型勤怠管理システムは働き方改革に対応し、業務効率も上がるため大変お勧めです。

特徴

  1. クラウド型勤怠管理

    ⇒ いつでもどこでもタイムリーに勤怠情報を集計・確認できます。働き方改革への対応もばっちりです。

  2. 多様な打刻方法

    ⇒ 指紋認証、ICカード、パスワード、スマホ等様々な打刻方法を選択できます。

  3. リーズナブルな価格設定

    月額300円~/人で勤怠管理、有休管理、残業申請、シフト管理等全ての機能を利用できます。

具体的な勤怠システムの種類

CSVやエクセル形式で集計結果を出力できるシステムであればどのシステムでもロボスルで利用可能です。

サービス名
ロボスル推奨
(ロボスルから同時申込可能!)
Touch On Time
OBC勤怠管理クラウド
その他の勤怠システム ジョブカン
IEYASU
TimePro-VG
Jinjer勤怠
CLOUZA 等